貿易大国の日本を支えているのが
これからもなくてはならない「通関士」

通関士は貿易のエキスパート

通関士は日本の貿易を支えている

通関士は、貿易関係の仕事の一つです。商品の輸入輸出にかかわる記録を税関に申告する書類の作成を行うのが主な業務ですが貨物の検査立会いも。通関士は関税納付や許可といった通関手続きを貿易業者のかわりに代行して行うことのできる国家資格。

幅広い分野の企業や商社から依頼される輸出入の通関手続きを代行したり、貿易コンサルタントとして総合的なアドバイスなども行います。

日本は貿易がなくてはならない重要な経済の源です。企業や商社でも輸入輸出にかかわる場合は通関士を一人おかなければいけないので活躍できる場は広がっています。

この「通関士の資格まるわかり」は、すでに通関士の勉強をされている方、通関士として働いている方は、お役に立てない内容になっています。

なぜなら、通関士の資格を必要としている人、これからの就職に活かそうと考えている人に向けた通関士の仕事の魅力について説明しています。また、通関士の資格についてもどのような試験があるのか、通関士に興味がある方を対象にしています。なにとぞご理解をお願いします。


通関士を図解で説明しているサイト

通信講座で有名なユーキャンでも通関士の勉強ができるのはご存知でしょうか?

当サイトと合わせてユーキャンの公式ホームページもご覧になられると、図解で通関士のことを説明しているので良くわかると思います。

下のバナーよりユーキャンの公式サイトがご覧になられます。
税関 I 読売新聞 I Yahoo! JAPAN I 木村雅晴 I ユーキャン I フォーサイト I 大原 I 財務省 I

サブコンテンツ

このページの先頭へ