仕事内容を知りたい

通関士の仕事内容は、外国貿易において商社やメーカー等の輸出入者が商品を輸出入する場合、税関に申告し許可を受ける必要があります。

しかしその手続きは専門的で高度な知識が要求されるため、通常はその手続きを専門の業者に代行してもらいます。

通関業者の行う輸出入に関する手続きを『通関手続き』といいます。その手続きを行う通関のスペシャリストが『通関士』といわれる職業です。

通関士の仕事内容を簡単にいうと

輸出入される貨物を税関に通す際、企業や輸出入業者に代わって通関業務を行う仕事です。

具体的には、輸出入品の種類・重量・価格・関税などの申告。品物が安全かを審査する通関手続きの代理業務。

輸出入にかかわる業務に必要な輸出・輸入申告書などの通関書類の作成。

また税関の処理にトラブルがあった場合の仲介代行などが仕事内容となっています。

輸出入が増えてきた近年、多くの人が注目している職業で、輸出入にするにあたって必要な業務を行うスペシャリスト『通関士』は通関業法施行令で『各営業所ごとに専任の通関士を1名以上おかなければならない』と規定されています。

通関士は通関業者にとって不可欠な人材といえることができます。そのため通関業者での就職を希望する人にとって心強い資格といえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ