税関を通す仕事

現在、特定の機関などに問わず、一般企業にも
普及している海外との輸出・輸入業。

通関業務を行うには、特定の資格が必要となります。

それは、現在の日本の法律では、会社や企業などが
直接、海外との輸出入を行うことは不可能で、
税関を通す際にその通関手続きを代行してもらうことが
定められているからです。

通関業務といっても内容は様々です。

取得した資格で、通関業務の中でできる内容がかわってきます。

総合的な貿易実務能力と貿易英語の能力を取得する
貿易実務検定では、貿易事務を行うことができます。

貿易事務とは、商品の輸出入に必要な事務手続きのことです。

仕事内容は会社の形態によって異なりますが、
通関で必要な交通機関の予約など、商社やメーカーなどの
認可を取得する事務手続きなどを行います。

唯一の国家資格である通関士は、貿易に関する法律や
実際に必要とされる書類作成などを通関に関する
ことを全て取得する資格といえます。

輸出入される貨物を税関に通す際、企業や輸出入業者に代わって、
通関業務を行うことが仕事です。

また税関の処理にトラブルがあった場合、仲介代行なども行います。

まさに通関士は、貿易に関する弁護士のようなものです。

このように、通関業務に必要な資格はいくつかあります。

どれも将来、いろいろな会社で必要とされる資格といえるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ