給料はどれくらい?

国家資格でもある通関士の給料についてですが、通関士の年収は会社や社歴、役職によって大きく異なります。

なので、働く本人次第で年収は増やすことも減らすことができるといえるでしょう。

通関業法施行令で『各営業所ごとに専任の通関士を1名以上おかなければならない』と規定があり、通関士は通関業者にとって不可欠な人材といえることができます。

そのことから通常の手当ての他に『通関士手当』として5000円〜15000円程度支給される会社が多く、手当てが支給される分、一般的なサラリーマンと比べると、給料が多くなる傾向にあります。

そして、各営業所の専任の通関士になった場合は、さらにその手当ても上乗せされるため収入アップにつながるケースも多くあります。

輸出入が増えてきた近年、通関士の仕事の需要は確実に増えています。

通関に関する専門知識がある通関士は、男女や年齢、職歴などは関係ありません。

そのためリストラなどの心配もなく、これからの将来、企業によって差はありますが、収入や待遇面で優遇されるのは、ほぼ間違いないといわれています。

そのことを考えると通関士の給料は良いですし、他の人にはできない特別な仕事なので、やりがいもあり、未来ある仕事といえるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ