通関手続きの代行が必要とされている訳?

通関士は、輸出入をする企業や業者に変わって、通関手続きをする通関専門の職業です。

ではなぜ、企業や業者が通関手続きを通関士に代行してもらう必要があるのでしょうか。

通関に必要な業務として、ますは輸出入に必要な書類作成。貨物の個数や価格それから関税や消費税などを計算し、税関に輸出入の許可をもらうために、航空運送状・海上運送状・運賃明細書など細かく分類しなければなりません。これが認められないときは、税関へ直接交渉をすることもあります。

それから貿易についてのアドバイスも行っています。各業者に対して、税関を通しやすくするポイントや貨物の保管方法、海外への効率的な配送など、輸出入の総合的なアドバイザーとして、企業をバックアップします。

その他にも、輸入の際に、日本の法律の許可や認可の必要があるかを直接確認し、関税の税額を確認し、計算する仕事や税関とのトラブルの際に『不服申し立て』を行い、常に正しい手続きが行われるようにサポートする仕事などがあります。これらが企業にかわって、通関手続きの代行を行うということです。

このように、輸出入に関わる通関手続きには、実務経験だけで取得できない専門的な知識などが必要とされます。

そのため、各企業に1人、通関手続きを代行して行うことができる専任の通関士が求められているのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ