需要は今後さらに増える理由

いま、家や会社、あなたの身の回りに海外から輸入されてきたもの、そして日本から海外へ輸出されているものはどれぐらいあるでしょうか。

近年、貿易が盛んになった日本は海外との関わりがなくてはならないものになってきました。

倉庫、航空、運送会社などだけでは留まらず、海外に自社工場を持つメーカーや企業や海外から原料など必要なものを仕入れる企業が増えてきました。

特に最近では、直接的な取引や提携をする企業が増加傾向にあります。そこで活躍する貿易の専門家こそ通関士なのです。

通関士の需要はどんどんと増えてきています。それは先ほども述べたとおり、海外との貿易を盛んにしている企業や会社が増えたためです。

通関士は貿易に携わる仕事で、唯一の資格、そして国家資格です。企業や会社は直接、通関手続きを行うことができません。専任の通関士に代行してもらう必要があります。

そのため、貿易を要とする企業は必ず通関士を置かなくてはならないことになり、通関士の需要も増えていくということになるのです。

これから海外との輸出入はさらに増加していくことでしょう。また、商社などの企業だけではなく、直接的に海外との輸出入を行うメーカーや会社も増えていきます。

通関士の需要は、このような海外との貿易が盛んになればなるほど増えていくのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ