将来性はあるの?

最近、学生や女性の受験率が増えている通関士はこれからの時代に役立つ資格です。

通関士は、まだまだ一般的な資格とまではいえませんが、海外との関わりが深くなり、輸出入が増えている

日本ではこれからもっと受験者が増えてくる可能性がある未来ある資格となっています。

もしあなたが、「将来性はあるの?」と聞かれれば私は「十分ある」と答えます。

なぜかというと現在、日本の法律では、通関行を行っている、倉庫、航空、運送会社などは、各営業所に専任の通関士を1名以上置くことが通関業法施行令で定められています。

海外との関わりも増え、輸出入が溢れる日本ですが、この通関を管理し、業者に代わって手続きなどができるのは通関士のみとなっています。

通関のプロといえる通関士は、これからの将来、日本の企業に必要不可欠な人材となるのは間違いありません。通関士の将来性はまだまだ未知数です。

これからの時代に重要な責任ある仕事をする通関士が活躍する場は、もっと増えていくと考えられます。

国家資格である『通関士』は、誰にでもできる仕事ではないので、職場条件や給料なども優遇されていくでしょう。

実際、通関士として働くと『通関士手当』として5000円〜15000円程度支給される会社が多く、収入面も安定しています。

通関士はこれから日本と海外でもっと活躍したい!責任ある仕事をしたい!という方にオススメの将来性のある仕事です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ