通関士って難しいの?宅建と比較

これから通関士の勉強をされる方が最初に思うことは、
通関士になるには、まず最初に国家試験に合格しなければなりません。

通関士の試験って難しいのか不安があるのも当然。

難しい試験といえば宅建があります。
よく、宅建と比べて通関士試験は難しいのか聞かれることがあります。

確かにどちらも専門知識を必要とし、計算もあります。

それぞれ専門知識となるため、まったく勉強しなければいきなり試験を受けることは無謀です。

通関士試験は国が認める資格だけにそれなりに難しいのが現状です。

最初はどんなものなのか一般書籍としても問題集の本が書店で売られています。

参考に立ち読みでもいいので見てみてください。

さっぱり、解らないでしょう。

でも、通関士として活躍している人たちはみんな同じ道をとおりこの通関士試験をパスして実務経験を積んで通関士として活躍しています。

通関士に限らず、最初はみんなわからなくて当然です。

スタートはみんな平等にいっしょです。

まずは、通関士というのがどんな仕事なのか知ることから始めれば、
難しいという資格でも、やってみたいと思うときが一番勉強するのに
最適なときです。

そこで、おすすめの情報収集法が通信講座の無料資料請求です。

書店では通関士の本は問題集しかありません。

通関士の仕事というものがどうゆうものなのか、
実際に通関士として活躍している人のエピソードなど
読めるのは通信講座の資料だけですから
取り寄せないのは損ですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ