通関士とは

貿易で必ず通さないといけない機関があります。それが税関です。だれでも一度は耳にした事のある税関。ではいったい税関は何をしているところなのか? 日本の輸入輸出する全てのもを監視して、武器や麻薬の密輸はないか、禁止している輸入品はないか? 貿易で商品がどこから来て、どこへ行くのか日本の安全と利益を守ります。そうした監視するためにも貿易の品を一つひとつ税関に書類として提出しなければならない決まりになっています。そこで活躍するのが「通関士」という方です。

通関士とは字のごとく“通関”は貿易の貨物が税関を通過できるようにすること。通関士は輸出入者の代わりに、貨物の輸出入申告書を作成し貨物の検査立会いまで、貿易で必要とされる業務手続を代行します。税関に対し「禁止されている物はありません」「こうゆう物をこれだけの数量、輸入します」と書類で報告・証明してくるのが通関士で、輸出入者にとっても税関にとってもなくてはならない重要な存在なのです。

日本は海に囲まれた国であり他国とは船や飛行機で貨物の輸入を行います。税関は日本の安全を守るにはこうした水際で厳しく監視する必要があります。

近年、問題になっている麻薬の密輸について、正々堂々と商品を輸入しているものに混入させ税関を通り抜けようとする悪を阻止しなければなりません。多岐にわたる商品の知識を身につければ、不審な商品についても日本に入る前に見つけることができます。

通関士とは簡単に言うと輸出入の報告と検査立会いをする人です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ