通関士になるには

通関士になるには、国家試験を受け合格し、通関業者で通関業務に就いてその後、勤務先の通関業者からの申請によって、税関の長から『通関士の確認』を受けることが条件となっています。

つまり、国家試験に合格しただけでは『通関士』になることはきません。

これは通関士の国家試験には、特別な受験資格がなく、学生をはじめ初学者でも受験することが可能です。

そのため、通関業者で実際に働き、実務経験を積むことが必要されているのです。

これには例外はありません。たとえ通関業者で長年働いている人でも、通関士になるには必ず通関士試験に合格しなければなりません。

ただし通関業務や税関に係る業務に就いていた期間が5年、あるいは15年以上ある場合は、試験科目の一部免除の制度も設けられています。

通関士になるには、毎年10月初旬から中旬に実施される「通関士試験」という国家試験に合格する必要があります。

この試験では、外国為替をはじめ外国貿易法などの輸出入に必要な関税に関する法律や通関手続きでの書類作成などを実際に作成するなどの試験内容となっていて、通関士として働くために必要な通関の専門知識・適した能力があるかを判断されます。

通関士になるにはこの通関士試験に合格し、通関業者で数年間の実務経験を積んで税関長の確認を受けます。そして晴れて通関士になり、働くことができるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ