通関士の概略

日本は貿易大国です。その輸入や輸出を支えているのが通関士になります。

海を渡って「日本に輸入される物」「日本から輸出される物」全て税関の許可が必要になります。専門知識を勉強して資格を持った人でないと税関の許可を取る手続きが複雑なのでできないため企業や業者に代わって、貿易実務の通関手続きを通関士が行います。

通関士に必要なこと

貿易関係の仕事なので仕事上英語の書類を読み取らないといけないことと、たくさんの種類の商品を通関させないといけないのでそういった商品知識も必要になります。そして一日に処理していく書類も多いので間違わずに確実に事務処理していかなければいけないので責任重大です。

通関士の需要

通関士の需要は規制緩和によって通関業の許可が取得しやすくなったため、大手企業や輸入品を扱う百貨店などの流通会社が通関業者の許可を得て、自社で通関業務を行うところも多くなり、通関士の働く場が広がっています。

活躍している通関士は

一人の通関士として働く男性は経歴9年にして食品をはじめ衣料、産業機械と輸入だけで年間5000件を越える通関手続きを行っています。主な業務ですが税関に提出するために輸入申告書を作成し、実際に輸入される現場で貨物検査の立会いもします。一つの商品でも大きな国際貨物になります。とても簡単ではない仕事ですが、通関士はやりがいのある仕事です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ