どんな勉強方法があるのか

最近、注目を集めている通関士は、国家資格にも関わらず特別な受験資格などはなく、初学者の方の受験も目立つ資格です。独学で合格する方も多く、その勉強方法は次のようになっています。

まずは過去に出題された問題を解いて、出題されやすいポイントをチェックすることです。

通関士の試験範囲は、かなり広範囲です。通関に関する専門知識をはじめ、貿易に関わる法律や実際の業務に必要や書類作成などがあります。それを全て勉強するのは、相当な時間がかかります。

なので、何度も過去の問題を繰り返し解き、正解とその解説を熟読してください。そして内容をよく理解しながら、また問題を解いていきます。すると毎年どんな形式で出題されているかがわかってきます。

次に、先ほどチェックした出題ポイントを参考書などをつかって、勉強していきます。

このときも何度も繰り返し、解説をよく理解しながら勉強を進めていくことが大切です。数冊が参考書を絞りそれを何度も何度も繰り返し、正解率を上げていく勉強方法が効果的です。
どの科目も専門的なことばかりで、難しい内容も多いです。おさえたポイント全て、苦手・不得意などを作らず、勉強を進めていかなければなりません。

なぜなら、通関士の試験は毎年どの科目においても最低60%以上の正解率を求められます。なので、偏りのある勉強方法では合格できません。どの科目もまんべんなくできるように心がけながら勉強してください。

このようにいえば全ての科目を完璧にしなくては!と思われるかもしれませんが、良く考えれば全ての科目を最低60%正解することができれば、合格できるのです。繰り返し学ぶ勉強方法で、ぜひ合格を目指し頑張ってください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ