通関士が必要な業種で就職活動

通関士は、現在、日本の法律では、通関行を行っている、倉庫、航空、運送会社などは、各営業所に専任の通関士を1名以上置くことが通関業法施行令で定められています。

貿易関係の企業が増える一方で、通関の手続きを企業が代行して行えるのは、通関士だけとなっています。なので、通関士の需要はここ最近、増えてきています。就職活動を行うにはこの通関士の資格を取得してるとチャンスがあるかもしれませんよ。

貿易関係のスペシャリストといえる専門的な国家資格をもった通関士は、様々なところで必要とされています。

たとえば、海外との通関業務を扱う貿易関係や運送業などを請け負う職場では、必要な業種となっていますし、物流会社や専門商社などにも必要とされています。

現在では、それだけには留まらず、様々な場面で活躍の場を広げています。

海外に自社工場を持つメーカーや企業、流通業者に限らず海外から原料など必要なものを仕入れる企業の増加によって、日本の貿易は以前よりさかんになっていることは確かです。

特に最近では、直接的な取引や提携をする企業が増加傾向にあります。

企業だけでなく、個人にも貿易の専門アドバイザーとして活動できる通関士は、様々な場面で必要とされる業種です。

そして今だけではなく、これからの未来、通関士を必要とする業種が増えることが予想されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ