将来に役立つの?

通関士試験は、昭和42年から始まりました。毎年10月に行われる試験では、年々、通関業務経験者だけではなく、業務経験はないが海外との貿易などに関心がある若者の受験者も目立っています。

海外との輸出入がさかんとなってきた日本では、これから重要とされる通関士の仕事は男性だけではなく、学生や女性にも大変、人気のある職業となっています。

通関士が活躍する場でもある通関業者及びその営業所数は、貿易の拡大に伴い、増加し続けています。

また、最近ではメーカーや商社、流通業など広い分野で活躍の場を広げています。

貿易関係で唯一の国家資格でもある通関士試験は、学歴や経験に関係なく受験することが可能で、初学者でも勉強し専門知識を学べば取得できる資格です。そのため挑戦しやすい資格といえます。

将来性もあり、リストラなどの心配もありません。また企業で働く人にとっては、自分のキャリアアップを目指すこともできます。通関士の資格は、就職や転職に大変役立つ資格といっていいでしょう。

国内外の貿易に携わることができる唯一の専門職『通関士』。これからの日本の将来になくてはならない重要な職業です。通関士の資格は、日本の経済にもあなたの将来にも役立つ資格なのです!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ