試験の合格率を知りたい!

通関士試験の合格率は、平均で10〜20%台で毎年、変化しています。

通関士の受験者数は、約1万人でほぼ変化はありませんが、合格率がその年により変動が激しいのが通関士試験の特徴です。

たとえば、平成18、19年度の合格率は10%を下回りました。この年は難易度が例年より高くなったといえます。

ですが翌年の20年は合格率17%となり難易度が下がりました。

このように受験者数の変動はあまりないのに、試験の合格率には変動があります。

最初は専門機関で働く業界人にしか知られていなかった通関士の資格は、海外との関わりが多くなってきた現代の学生や転職などを目的とする20〜30代の女性にも受験志願者が多い資格となってきました。

特別な受験資格などはありませんので、最近では、業界人以外の受験者も多くなってきています。

通関士試験は3科目5項目。合格するには原則としてすべての問題で60%以上の正解率が必要です。

初学者も多いため、資格取得に向けて、独学で勉強し合格する人も多いようですが、外国為替をはじめ、外国貿易法などの輸出入に必要な関税に関する法律や、通関手続きでの書類作成などを実際に作成するなどといった、通関に関する専門的な知識を学ばなくてはいけないので、初学者には難易度も高いでしょう。

合格率は低く、難しい試験とはいえますが60%以上を確実に正解すれば合格ラインに達します。

通関士は、業界人だけでなく、学生や女性の受験者も多いです。

専門知識を学び、しっかり勉強さえすれば初学者の方にも合格するチャンスは十分になる資格です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ