資格を取得するメリット



『通関士』の資格を取得するメリットはいくつかあります。まずは、通関士は国家資格です。


貿易関係での国家資格は現在、この通関士の資格のみとなっています。なので、倉庫・航空・運送会社をはじめ、業種関係なく、貿易に関わる企業で大活躍する資格なのです。


不景気といわれる現代ですが、海外との関わりが増え、海外に自社工場を持つメーカーや企業、流通業者に限らず海外から原料など必要なものを仕入れる企業の増加、また海外の企業と直接的な取引や提携をする企業も目立ちます。


よって日本の貿易は以前に比べて、盛んになっていることは確かです。


ということは、通関士の資格を取得するということは貿易関係で働きたいと思っている方、もうすでに働いている方、また安定した職務に就きたいなど転職を考えている方にとても有利な資格といえるのです。


通関手続きを行う全ての企業は、専任の通関士を1名置くことが法律で決まっています。これからの社会で、通関士の活躍する場面が減ることはありません。


海外との関わりが増えている今、通関士を必要とする企業や会社はもっと増えていくことでしょう。


また、国家資格にも関わらず特別な受験資格などはありません。現在では、学生や女性など貿易にまだ携わってない人も多数受験しています。


専門知識などが必要となり、初学者には難易度も高いですが、しっかり勉強し、ポイントを抑えれば受からない資格ではありません。独学で合格されている方も多数います。


これらが通関士の資格を取得するメリットになります。これらだけではなく、取得することによって、将来の仕事の幅が今よりも広がり、様々なメリットがあることは確かです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ