通関士の資格とは

通関士の資格があるものは、海外と輸出入の取引をする際に行う手続きを企業やメーカー、商社、流通業などに変わって代行しその手続きを行うことができます。

この業務は通関士の資格を持つものだけができる特別な業務です。

手続きとは、輸出入に関する書類の作成や企業や個人に対して、貿易に関するアドバイスを行うことなどがあります。

通関業を企業などに変わって正確に行わなければならない通関士は、貿易に関する専門知識や法律を取得し、貿易のプロフェッショナルであることが求められます。

この知識などがなければ細かく定められているルールに沿って、手続きすることは不可能といえます。

そのため、通関士になるには、年1回行われる『通関士試験』という国家資格に合格し、通関業で実務経験を積む必要があるのです。

この試験では、通関業法という通関士についての法律、関税や輸出入に関する定義や規定、特例を定めた法律を問われます。そして実際に通関士が行う関税などの計算や書類作成などの実務が試験内容となっています。

現在の日本では、貿易に関する資格はこの通関士のみとなっています。

将来性もあり、責任ある仕事として注目されている通関士の資格には特別な受験資格などがありません。そのため初めて貿易について学ぶ学生や転職やキャリアアップを考えている社会人にも人気のある資格となっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ