難易度はどれくらい?

通関士は輸出入に必要な手続きや書類作成など通関に関する業務をする重要な資格です。

各企業でも資格取得を勧め、有資格者には資格手当てを支給しているケースも多いと言われています。

業界人の資格とされていましたが、特別な受験資格がなく、将来性も十分にある『通関士』の資格は、最近では学生やOL、サラリーマンの受験生が増えてきて、一般的な資格試験になりました。

そのため難易度が低く、狙い目とされていた国家試験でしたが、今後は難化していくといえるでしょう。

しかし、輸出入に関する独占業務のある魅力的な仕事で、女性も社会の一員として十分に働ける通関士の国家試験。この程度の難易度ならしっかりと試験対策を練って集中的に学習していけば、初学者でも合格が可能な試験となっています。

通関士の試験は、通関に関する専門知識や実務を中心に問われます。

初学者には難しいところもありますが、分かりやすいテキストや過去問集、学校、通信講座を見つけて集中的に勉強するといいでしょう。

現在、通関士の受験生は、宅建試験の受験生の20分の1以下です。

宅建に比べるとマイナーな国家試験ですが、女性男性問わず、将来性のある通関士の資格は、これから大注目の国家資格です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ